フクモ陶器による展覧会「フクモ陶器:三途の厠」

image21468_1.jpg

image21468_2.jpg

1622380_626609977432877_1890879318090956065_o.jpg

2563.20140416232201.1.006A00901.jpg

陶芸作家 福本歩さんの陶器ブランド『フクモ陶器』によるトイレをテーマにした展覧会「フクモ陶器:三途の厠」が東京•恵比寿で開催中です。”いんちきな骨董品や偽の土産物、珍しい物体等を、さまざまな場所で人をだまして高く売りつける、「フクモ陶器」”という紹介文がツボで、見た瞬間ファンになりました。販売している陶器を見ましたが、お寿司のシャリが二貫くっついたお皿など、本格的なのに無駄なアイディア、そしてなかなかいいお値段。手が出ません。そんなフクモ陶器の展覧会なのでユニークじゃないわけがない。こちらは青森県で実際行けないので、画像検索で行ったつもりでいるわけですが、トイレの形や模様、色合いがなんだか懐かしいトイレです。昭和美術といいますか、ロマンを感じます。トイレグッズもなかなかユニーク。

福本 歩 http://fukumotouki.jp/
「フクモ陶器:三途の厠」 http://artlab.stitch.co.jp/gallery/

拍手を送る |
| | 面白トイレ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。